「絶対得するショッピング英会話術」商品選びと値引き交渉の英語フレーズ

海外旅行の醍醐味は、観光やアクティビティ、食事、そしてお買い物ですね。

その土地でしか買えない商品、もちろん友人や同僚へのおみやげショッピングも欠かせませんよね。

買物自体は、特に商品を選んで支払いをするだけのフローなので、それほど高度な英会話が展開される訳ではないのですが、購入する商品によっては、店員の助けがあった方がよかったりもしますよね。

店員に購入アドバイスを求めて、できるだけ理想の商品を選び出すことができれば最高ですね。

そんな買物体験を実現させるためのショッピング英会話に欠かせない英語フレーズを、会話パターンで紹介していきます。

ショッピングの品選び

ショッピングの英会話

店員に声をかけるフレーズ

Excuse me. Can you help me?
すみません、ちょっと手伝ってもらえますか?

商品選びで店員に助けを求めたい時ってありますよね。目当ての商品がどこにあるかわからないとか、どれを選んでいいかわからないとか、そんなシチュエーションで店員に声をかけるフレーズです。help meで、「私を手伝ってください。」というフレーズです。

Excuse me. Can you help me?
すみません、ちょっと手伝ってもらえますか?
May I help you?
何かお探しですか?
I’m just looking, thank you.
見てるだけです、ありがとう。

こちらは逆に店員に張り付かれたくない時のフレーズです。笑顔で近寄ってくる店員を遠ざけたい、一人でじっくり見たいんだけど…そんなときにはこのフレーズです。ありがとうを添えるのがポイントですよ。

May I help you?
何かお探しですか?
I’m just looking, thank you.
見てるだけです、ありがとう。
I’m sorry. I’ll come again.
ごめんなさい、また来ますね。

ざっと見てみたけど、どうも気に入った商品がない…店を出ようと思ったら、店員に声をかけられた、みたいな時はこのフレーズ。散々店員にも手伝ってもらったんだけど、やっぱり購入まではいたらない、みたいな場合にも、このフレーズで店を後にしましょう。

May I help you?
何かお探しですか?
I’m sorry. I’ll come again.
ごめんなさい、また来ますね。

店員に探し物を伝えるのフレーズ

I’m looking for (物、場所、人など).
(物、場所、人など)を探しています。

I’m looking for ~.で、「~を探しています。」というフレーズです。商品に限らず、場所、人、なんでも探し物に使えるフレーズですので、覚えておきましょう。
forの後に「探しているもの」を入れれば完成です。

May I help you?
何かお探しですか?
I’m looking for a nice jacket.
素敵なジャケットを探しています。
I’m looking for something nice souvenir for my friend.
友人へのなにか素敵なおみやげを探しています。

覚えておきたいお土産に関連する英単語

for + 物

  • gift ギフト
  • present プレゼント
  • souvenir お土産

for + 誰:

  • my friend(s) 友達
  • my parents 両親
  • my boyfriend/girlfriend 彼氏/彼女
  • my boss 上司
  • my co-workers 職場の同僚

for + 場所

  • department store デパート
  • souvenir shop お土産店
  • duty-free shop 免税店
  • supermarket スーパー
  • drug store ドラッグストア

お目当ての商品があるか尋ねるフレーズ

Do you have (商品の名前、種類、ブランドなど)?
(商品の名前、種類、ブランドなど)は置いてますか?

Do you have ~?は、直訳すると「あなたは~持っていますか?」という意味になりますが、「~はありますか、置いてますか?」というフレーズで使うことが出来ます。「ありますか?」という意味では、Is there ~?を使うこともできますね。

May I help you?
何かお探しですか?
Do you have jacket?
ジャケットは置いてますか?

展示品を見せてもらうフレーズ

Could you show me this?
これを見せて頂けますか?

海外のお店では、勝手に商品を手に取ったり、触ったりすることを認めない店が多いので、商品を見たい時には店員さんに許可をもらいましょう。
商品を指定するときは、指をさして、this(これ)、that(あれ)でもいいんですが、これらの商品の場所を具体的に添えると、より効果的に店員さんに伝わります。
是非覚えておきましょう。
table(台、テーブル)、display case(ショーケース)、shelf(棚)など、商品が飾れれている場所の単語も合わせて覚えてくと便利です。

Could you show me the red bag on the table?
テーブルの上にある赤いバッグを見せて頂けますか?
May I see that necklace in display case?
ショーケースのネックレスを見せて頂けますか?
Could I see the one on the shelf?
棚にある商品を見せて頂けますか?
Could you show me the second one from the right?
右から2番目の商品を見せていただけますか?
Can I pick it up?
それを手に取ってもいいですか?

商品の場所を指定する英語表現

  • on the table テーブルの上
  • in display case ショーケースの中
  • on the shelf 棚の中(上)
  • third one from the right 右から3番目
  • third one from the left 左から3番目v
  • third one form the top 上から3番目
  • third one from the bottom 下から3番目

試着に関するフレーズ

May I try that on?
それを試着してもいいですか?

試着したいときの定番フレーズ、try this onは、洋服のお買い物には必須です。このまま丸ごと覚えてしまいましょう。

We have some nice jackets here.
こちらに素敵なジャケットがございます。
May I try that on?
それを試着してもいいですか?
This is too big/small/tight.
サイズが大きすぎ/小さすぎ/きつすぎのようです。

試着してみて、どうもサイズが合わないという時のフレーズです。大きい、小さい、きついといった大きさを表す形容詞にtooをつけると、大きすぎというような意味になります。

Do you like it?
お気に召しましたか?
This is too big.
サイズが大きいようです。

自分のサイズがわからない時は、このフレーズで計測してもらいましょう。特に海外ではインチ表示になっていることが多いので、商品のラベルを見ても判断できないことがありますからね。

Could you measure me?
サイズを計ってもらえますか?

サイズ違い、色違い、デザインの商品があるか尋ねるフレーズ

Do you have any other colors?
これでほかに色はありますか?

実際に手に取ってみて、試着してみて、悪くはないんだけど、サイズや色、デザインなどが今一つ合わない、気に入らないような時に使えるフレーズです。
サイズについては、比較級表現を使うと、効果的に伝える事が出来ます。

Do you have a smaller(bigger) size?
これのもう少し小さい(大きい)サイズはありますか?
Do you have any other colors?
これでほかに色はありますか?
Can I see the pink one?
ピンクのものを見せてもらえますか?
Do you have any other design?
他のデザインはありますか?

サイズの比較表現

  • smaller (比較して)少さめ
  • bigger (比較して)大きめ
  • longer (比較して)長め
  • shorter (比較して)短め

サイズ直しを依頼するフレーズ

Can you adjust the size?
サイズを調整してもらえますか?

商品は気に入ったんだけど、お直しをしてもらいたいという時のフレーズです。

Can you make the length shorter?
サイズを調整してもらえますか?
I’d like to have these pants hemmed.
裾上げをお願いしたいのですが。
Could you take a hem up?
裾上げして頂けますか?
Could you alter it?
お直しして頂けますか?

商品が気に入ったことを伝えるフレーズ

How do I look?
私に似合いますか?

自分ではもう結構気に入ったんだけど、プロの意見も聞きたい、という時はこちら。
まあ向こうも商売ですから、似合わないとは言わんでしょうけど(笑)、「この色の方が似合いますよ。」みたいなアドバイスがもらえるかもしれませんね。

How do I look?
私に似合いますか?
Does it look good on me?
それは私に似合ってますか?
Does this suit me?
これは私に似合ってますか?
Does this shirt fit me?
このシャツは私に合ってますか?
Does this color match my dress?
この色は私のドレスに合ってますか?
I like it very much.
とても気に入りました。

商品が気に入ったら、シンプルに「気に入った」と伝えましょう。I like it.でも十分伝わりますが、すごい気に入ったみたいな時はvery muchを添えたり、I love it!などのフレーズでもいいですね。

How do you like it?
いかがですか?
I like it very much.
とても気に入りました。

ショッピング値引き交渉

ショッピングの英会話
海外とは言え、ショッピングモールやスーパーマーケットなどの買物事情は、基本的に日本と同様なので、このようなお店で値引き交渉などはできませんが、
特に観光地のローカル商店、出店、屋台などでのお土産ショッピングなどでは、値段交渉が欠かせない場合があります。

なんせ観光客向けに値段を吹っかけて来るなんてのは、どこの国でも大差なし(笑)

まあ観光地でのお約束でもあるので、そんな目くじらを立てて本気で値引き交渉などをしようとはせず、交渉のプロセスを楽しむぐらいの軽いノリで値引き交渉にチャレンジしてみましょう。

値段を聞くフレーズ

How much is that?
それはいくらですか?

値段を聞くフレーズの定番フレーズですね。ショッピングに限らず、様々な場面で料金を聞くことができる定番中の定番フレーズですので、このまま覚えてしまいましょう。

How much is that?
それはいくらですか?
It’s 10 dollars.
10ドルだよ。

値引きを交渉するフレーズ

It’s too expensive!
それは高い!

値段を聞いて、「えっ?」と思う、思わずを問わず(笑)、値引きを要求するつもりなら、まずはこのフレーズ。「高いよ~」というフレーズで、まずは布石を打ちましょう(笑)

Can you give me a discount?
値引きしてくれますか?

ダイレクトに「値引きして」を表現するフレーズです。discountは値引きという意味なのはご存知ですよね。
単純にgiveは、「もらう」という動詞ですが、give meで「私に下さい」となります。これにdiscountを組み合わせて、「値引きを私に頂戴=値引きして」という意味になります。

Can you give me a discount?
値引きしてくれますか?
I’ll give you 1 dollar discount.
じゃあ1ドル値引きしましょう。
Could you give me more discount?
もうちょっとまけてくれません?

前出のフレーズでとりあえず値引きはしてはくれたんだけど、まだまだ!という時は(笑)、比較級を使って「もっと!」と要求しましょう。
more discountで、「もっと値引きして」という意味になります。

Could you give me more discount?
もうちょっとまけてくれません?
How about 15 dollars for two?
2つで15ドルでどうですか?

購入を伝えるフレーズ

I’ll take this one.
これを頂きます。

最後に購入の意思を伝えるフレーズです。I’ll take (商品).、I’ll have (商品).でもOKです。

I’ll take this one.
これを頂きます。
You really made a good choice.
とても良いチョイスですよ。
I’ll pay in cash.
キャッシュで支払います。

以上の交渉で納得でいる額が獲得できたら、この流れ。
購入の意思、支払方法を伝え、支払いしてミッションコンプリート(笑)おめでとうございます。

Well, I’ll take it!
じゃあ、それ買います!
How would you pay for your items?
お支払いはどうされますか?
I’ll pay in cash.
キャッシュで支払います。
I’ll pay by credit card.
クレジットカードで支払います。

ちなみに、冒頭でも言いましたが、もちろん値引き交渉できる店とそうでない店がありますので、そのあたりの区別はお忘れのないように。
交渉するにしても、あまり強引なのは嫌われますから、気を付けましょう。
音声付ショッピング英会話フレーズ集はこちら

ショッピングの英会話ロールプレイ

おすすめ記事一覧

  • 【初心者向け】英会話基礎が学べるYouTubeレッスン(挨拶、提案の仕方など)

    more
  • フィリピン留学を選ぶ前に知っておきたいフィリピン英語5つの真実

    more
  • 【初心者向け】独学で旅行英会話をマスターする勉強方法まとめ

    more
  • 必ず役立つ!飛行機内の定番英会話フレーズ+英単語集

    more
  • 「予約の英会話」英語で現地ツアー申し込み!ツアーの選び方から確認まで!

    more
  • これで安心!入国審査と税関検査で聞かれる質問と答え方まとめ

    more
  • 「ルームサービス、クレームを入れる」覚えておきたいホテル滞在の英会話

    more
  • 「予約の英会話」ホテルの予約はこれでOK!ホテル予約の英会話フローと英語フレーズ

    more
  • 空港チェックイン+ロストバゲージで使える英会話フレーズ、英単語集

    more