申告するものはなにもありません。

I have nothing to declare.

*Note the volume of the sounds.

税関申告する英語フレーズ

税関申告の際に以下のように聞かれたらこのように答えましょう。

nothingは「何も・・・ない」、declareは「(課税品などを)申告する」という意味です。

単にNothing to declareもしくはNothingだけでもOKです。

もちろん申告するものがあるときは別ですよ。

税関検査会話例

税関係官:Do you have something declare?
何か税申告するものはありますか?

I have nothing to declare.
税申告するものは持っていません。

【申告する物がある場合】

Yes, I do.
はい、あります。

Yes, I have 6 pack of cigarette.
はい、たばこを6パック持っています。

税申告が必要なものは、国によって異なります。
持ち込みができる当該国通貨、日本円等外国通貨の額なども金額に規定があります。

一般的な海外旅行では、特に申告が必要なものや多額の現金を持ち込むというケースは少ないと思いますが、酒、たばこ、食料品、高級嗜好品/家電などは注意が必要です。

ある程度は身の回り品として認められているケースが多いのですが、やはり量に限度がありますので、必ず政府観光局のWebサイト等で確認しておきましょう。

【初心者向け】独学で旅行英会話をマスターする勉強方法まとめ

入国手続きの英語の英語フレーズ

  • The purpose of my visit is sightseeing.

    旅行の目的は観光です。

    more
  • I'm just passing through.

    乗り継ぎするだけです。

    more
  • I'm going to stay here for a week.

    ここには1週間滞在する予定です。

    more
  • I'm going to stay at Plaza Hotel.

    プラザホテルに滞在する予定です。

    more
  • I have nothing to declare.

    申告するものはなにもありません。

    more
  • I have some clothes and private items.

    着替えと私物が入っています。

    more

海外旅行の英単語フラッシュカード

旅行英会話ロールプレイ